フレデリック

フレデリック

 三原健司(Vo./Gt.)・三原康司(Ba./Cho.)の双子の兄弟と、健司の同級生・赤頭隆児(Gt.)からなる神戸出身の3ピースバンド。
 独特なユーモア性、そして幅広い音楽的背景から生みだされる"忘れさせてくれない楽曲群"が話題となり結成当初から関西最大級の音楽チャリティーフェスCOMIN'KOBEに出演するなど注目を集める中、「MUSICA」「A-Sketch」「SPACE SHOWER TV」「HIP LAND MUSIC」4社合同オーディション"MASH A&R"の初年度特別賞を受賞。その後もCD販売はライブ会場のみ、流通に乗せるのは7インチアナログレコードに限定するなど独自のスタイルで活動を展開する。

 2014年3月、プロデューサーに柏原譲(Polaris/FISHMANS)を迎え、初の全国流通盤となるミニアルバム「うちゅうにむちゅう」をリリース。その詞曲は"中毒性"とも表現され、一筋縄ではいかないスタンスを持ったバンドとしてシーンに登場。その夏にはRISING SUN ROCK FESTIVALやSWEET LOVE SHOWERなど大型野外音楽イベントから出演オファーを受けるに至る。

 同年9月、ミニアルバム「oddloop」でメジャーデビュー、続けて翌2015年5月にはミニアルバム「OWARASE NIGHT」をリリース。全国夏フェスではデビューイヤーのニューカマーとしての最多本数に出演。
 11月、ミニアルバム「OTOTUNE」をリリースし同タイミングで開催した初のワンマンツアーのチケットは全会場ソールドアウトし、翌2016年のスペースシャワー列伝ツアーへの抜擢へと繋がっていく。
 代表曲「オドループ」のYouTube再生回数が1,000万回を超えTVアニメなどへの楽曲提供などロックユーザーの範疇を超えた話題としての登場も多くなる中、初のシングル「オンリーワンダー」を2016年6月15日にリリースすることが決定している。

 楽曲のみならずグラフィックやミュージックビデオ、ライブパフォーマンスそしてグッズに至るまでアーティストとして、作品にはいつもストレートな意志にリリシズムをまとわせて送り出すロックバンド。